浮気調査の前に

一人で悩んでいませんか?悩んでいるのは、あなただけではありません。
誰にも相談できないこと、あなたの秘密は、確実にお守りいたします。
探偵を依頼することは、決して特別なことではありません。

浮気調査を行うにあたって

現在、携帯電話(スマートフォン)から発覚することが多くなっています。
携帯電話には浮気調査を行なうにあたって、重要な情報が多く残っております。電話の発着信履歴やメールの文章など、もしチェックできる状況にあるならば確認してください。パートナーが浮気相手と会う日時を事前に特定できることもあります。

携帯にロックがかかっている場合は、新規メールの状態で、「あ」や「い」などの文字を入力してみてください。よく使う言葉に、「愛してる」「会いたい」「いつもの」などに変換候補がある場合もあります。自分には送られたことのない言葉が候補に出てきた場合は要注意です。ただし、この作業を行った場合はパートナーに気づかれないようご細心の注意をはらって行ってください。

 

調査開始にあたっての注意点

調査を始めて決してご安心なさらないでください。
探偵社の相談員の名刺や契約書控えや、ご家族などから言われて調査を行っている事が、相手にわかっててしまう場合もあります。また、喧嘩の最中でうっかり「もう探偵に依頼した!」と怒鳴ってしまったなどというケースもあります。調査を成功させる為にも、終了まで落ち着いて悟られないよう普段通り行動してください。

 

浮気調査に、当たっての心構え

相手が浮気をしていると感じたあなたは調査しようと思います。
探偵社に依頼することに、ためらいを感じることもあるでしょう。パートナー(配偶者)や恋人を騙すような気がして心が引ける、真実を知るのが怖いという方もおります。

しかし、 浮気をされたままということになれば、後々より大きな被害を受けるのはあなたです。浮気が本気になり、相手方から離婚や婚約破棄を切り出してきた場合は、あなたはどうしますか。明るい未来はもちろん、親権や養育費、家等の財産、身内・親族、金銭的なこと(慰謝料や財産分与)などいろいろな問題が起こります。

不安にさせる原因を作ったのは、相手なのです。真実を知る上で必要であれば、できるだけ早い段階での探偵社の利用をおすすめします。

 

浮気調査プランの提案

職場での出会いや出会い系サイト、 インターネット、携帯電話が普及し気軽になり、浮気や不倫は簡単に連絡が取れとてもやりやすくなったとも言われております。浮気や不倫という問題はドラマの中の話ではなく、もっと身近に起っている問題なのです。相手に浮気や不倫をされてしまった場合、あなたは、どうしますか

1.離婚に向けて話し合いを進める
2.浮気をやめさせるよう話し合いをする
3.浮気をしていることに我慢をする、もしくは知らないふりをする

1の離婚を考える場合、浮気調査で事実確認を行い、証拠を押さえることで話し合いを有利進めることができます。
2の場合、浮気相手に慰謝料を請求するなどして、別れをせまることや証拠を突きつけ改心させることも考えられます。
3の場合、我慢したり知らないふりをするだけでは何も解決しません。むしろ、悪い方に向かう事が多いのです。

さらに詳しく

メールでお問い合わせはこちら

© 2020 総合探偵社ガルエージェンシー埼玉北